TECHNOLOGY

FLUIDIZED BED FURNACE

TECHNOLOGY

FLUIDIZED BED FURNACE

A Fluidized Bed Furnace for ZRM ROLL

KMTの始まりは1980年代の工具鋼熱処理事業にさかのぼります。

KMTの始まりは1980年代の工具鋼熱処理事業にさかのぼります。
大学で金属工学を専攻した李璣程代表は、数ヶ所の職場生活を経た後、熱処理専門会社の創業を決心するようになります。
創業初期のKMTは資金と人手不足のベンチャー企業でした。
資金が不足したため、古物商のscrapを活用して工具鋼熱処理に向けたに爐を製作しており、職員およそ2人でスタートしたから、 李璣程代表が直接トラックを運転して納品をしたりしました。
KMTは正直さと誠実さを基盤とし、徐々に熱処理専門会社として名声と信頼を得るようになります。
熱処理専門会社として名声は得られましたが、その成長には限界を持つしかないと判断したKMTは、熱処理技術を活用した独自のItemを見つけるために努めます。
工具鋼熱処理を通じて蓄積された熱処理技術とKnow-Howは2000年代に入ってZRM ROLLに適用されます。 通常のZRM ROLLの要求硬度のHRc60~62のが深部まで均一に維持するためには熱処理技術が核心工程とすることができます。
工具鋼素材の場合、塩浴(Salt Bath)を利用した熱処理が最も効果的ですが、環境問題のため塩浴(Salt Bath)の設置許可を得ることが容易ではありませんでした。
KMTはこのような問題を克服するため、韓国機械研究院付設材料研究所の諮問を受け、流動床炉(Fluidized Bed Furnace)を製作し、ZRM ROLLの熱処理に活用することになります。
流動炉を活用した熱処理技術は、均一な温度分布を得るための流動化技術と、要求水準の品質を得るための工程技術とに区別されます。
このような熱処理工程の特殊性により、現在韓国ではZRM ROLLを製作している企業はKMTが唯一です。

Surface Hardness Distribution of WORK ROLL

Inside Hardness Distribution of WORK ROLL

KMTの始まりは1980年代の工具鋼熱処理事業にさかのぼります。
大学で金属工学を専攻した李璣程代表は、数ヶ所の職場生活を経た後、熱処理専門会社の創業を決心するようになります。
創業初期のKMTは資金と人手不足のベンチャー企業でした。
資金が不足したため、古物商のscrapを活用して工具鋼熱処理に向けたに爐を製作しており、職員およそ2人でスタートしたから、 李璣程代表が直接トラックを運転して納品をしたりしました。
KMTは正直さと誠実さを基盤とし、徐々に熱処理専門会社として名声と信頼を得るようになります。
熱処理専門会社として名声は得られましたが、その成長には限界を持つしかないと判断したKMTは、熱処理技術を活用した独自のItemを見つけるために努めます。
工具鋼熱処理を通じて蓄積された熱処理技術とKnow-Howは2000年代に入ってZRM ROLLに適用されます。 通常のZRM ROLLの要求硬度のHRc60~62のが深部まで均一に維持するためには熱処理技術が核心工程とすることができます。
工具鋼素材の場合、塩浴(Salt Bath)を利用した熱処理が最も効果的ですが、環境問題のため塩浴(Salt Bath)の設置許可を得ることが容易ではありませんでした。
KMTはこのような問題を克服するため、韓国機械研究院付設材料研究所の諮問を受け、流動床炉(Fluidized Bed Furnace)を製作し、ZRM ROLLの熱処理に活用することになります。
流動炉を活用した熱処理技術は、均一な温度分布を得るための流動化技術と、要求水準の品質を得るための工程技術とに区別されます。
このような熱処理工程の特殊性により、現在韓国ではZRM ROLLを製作している企業はKMTが唯一です。

Surface Hardness Distribution of WORK ROLL
Inside Hardness Distribution of WORK ROLL